本文へスキップ
文字を小さくする 文字の大きさ 文字を大きくする
背景を白にする
背景を黒にする
トップページへ  
戻る

高千穂峡

阿蘇溶岩の浸食によってできた高さ80〜100メートルにも及ぶ柱状節理の断崖で、千古の謎を秘めた深淵や湧く岩清水が初夏の新緑、秋の紅葉に映え雄大にしてすがすがしい景観。ボートから望む柱状節理の断崖と真名井の滝は、神秘的なたたずまいをかもしだし圧巻です。

またこの地域では、毎年冬になると主に民家を神楽宿として夕方から翌朝まで夜を徹して神楽33番が舞われます。

天岩戸神社

天照大神の天の岩戸開きの神話で有名で、東と西に二つの神社があります。東宮は天照大神、西宮は天の岩屋を祀る拝殿です。

付近には天照大神が岩屋にこもられた折り、八百万の神々が集い神議されたと伝えられる天安河原があります。(車いすで天安河原へ行くのは難しいですが、神社は大丈夫です)

周辺略地図
景勝地
神社・仏閣
レジャーパーク
海水浴場・キャンプ場
蔵元見学
温泉
道の駅
宿泊

戻る
ページのトップへ戻る
トップページへ