本文へスキップ
文字を小さくする 文字の大きさ 文字を大きくする
背景を白にする
背景を黒にする
 トップページへ  
 戻る

介護・支援が必要な高齢者と援助者

日ごろの備え
 

◇自力で動けない人のために、避難時用のおぶい紐を備えておきましょう。

◇助けを呼ぶために、笛、ブザーなどを準備しておきましょう。

◇援助者は、部屋の整理整頓をして、安全な空間を確保しましょう。


災害に関する情報が出された時には
 

◇援助者は、出口、避難経路を再確認し、障がい物などは取り除いておきましょう。

◇非常持出し品の確認をしましょう。

◇援助者は、援護者の不安を取り除くように声をかけましょう。

◇情報から取り残されないように隣近所に声をかけ、援助を依頼しましょう。


災害発生時には
 

◇援助者は、まず声をかけ、安否確認を行いましょう。

◇火の始末を確認するようにしましょう。

◇非常ベルが鳴るなどの援助の求めがあった時は、すぐにかけつけて、必要により初期消火や緊急避難の協力をしましょう。


避難する時は
 

◇一人で非難させることが困難な場合は、隣近所や自主防災組織などと協力し、複数の人で避難させるようにしましょう。また、複数の人がそろうときは、担架などで移動させましょう。

◇1人で移動させる場合は、シーツや毛布の両端を結んで、これにくるむように乗せて、そのまま引っ張ったり、おぶい紐でおんぶして避難しましょう。

 トップページへ