本文へスキップ
文字を小さくする 文字の大きさ 文字を大きくする
背景を白にする
背景を黒にする
 トップページへ  
 戻る

視覚障がいのある人

日ごろの備え
 

◇災害情報をすぐに入手するため、常にラジオなどの情報提供媒体を身近なところにおきましょう。

◇通常の非常持出し品に加え、白杖、点字器、ルーペなども身近に準備しておきましょう。

◇特定の人を決めて、重要な情報を伝えてもらうようお願いしておきましょう。

◇家族がいる時は整理整頓をして、安全な空間を確保してもらいましょう。


災害に関する情報が出された時には
 

◇家族がいる時は出口、避難経路を再確認してもらい、障がい物などは取り除いてもらいましょう。

◇テレビ、ラジオや行政機関の広報、伝達の内容を注意して聞きましょう。

◇近所の人には、家にいることを伝えておき、情報や援助を得られやすいようにしておきましょう。

◇屋外にいる場合は、周囲の人に帰宅経路などの状況を教えてもらうようにしましょう。


災害発生時には
 

◇地震の時は、揺れがおさまってから、周囲の人に火気を確認してもらいましょう。

◇落下物やガラス片などでケガをしないように周囲の状況を教えてもらいましょう。

◇屋外にいる場合は、持ち物や両手で頭部を落下物から保護します。その後、周囲の人に声をかけ、周囲の状況を教えてもらい、安全な場所への誘導を依頼しましょう。

◇火災が発生した時には、周囲の人に大声で火災を知らせ、「119番通報」をしてもらいましょう。


避難する時は
 

◇家族へ避難場所への誘導を依頼し、家族がいない場合は、隣近所などにも応援を依頼しましょう。

 トップページへ