本文へスキップ
文字を小さくする 文字の大きさ 文字を大きくする
背景を白にする
背景を黒にする
 トップページへ  
 戻る

音声・言語機能障がいのある人

日ごろの備え
 

◇通常の非常持出し品に加え、筆談用のメモ用紙、筆記用具などを準備し、笛、ブザーなどを携帯しましょう。

◇文字盤の使用も家族等と一緒に練習しておきましょう。


災害に関する情報が出された時には
 

◇テレビ、ラジオや行政機関の広報などにより、正しい情報を得るようにしましょう。

◇屋外にいる場合は、行政機関などからの広報を聞いて、帰宅経路など正しい情報を得て行動するようにしましょう。

◇周囲の人や関係機関の人に、筆談などにより、状況や帰宅経路の状況などを質問し、教えてもらいましょう。


災害発生時には
 

◇使用している火気が手近な時は、まず落ち着いて火の始末をしましょう。

◇初期の火災で、手近に消化器などの備えがある時は、初期消火を心がけましょう。初期消火に失敗した時は、煙に巻かれないよう低い姿勢で移動し、脱出します。また、音をたてたり、合図などで火災の発生を知らせたりして、援助を求め「119番通報」をしてもらいましょう。

◇周囲の人に、筆談などで質問して、必要な情報を入手しましょう。


避難する時は
 

◇非常持出し品などを持ち、単身で生活している人もできるだけ周囲の人と一緒に避難するようにしましょう。

 トップページへ