本文へスキップ
文字を小さくする 文字の大きさ 文字を大きくする
背景を白にする
背景を黒にする
 トップページへ  
 戻る

隣近所のかたや自主防災組織のかたは

日ごろの備え
 

◇安全対策や、非常持出し品の準備が自分で出来ない人や家庭には、プライバシーや本人の希望・意思に配慮しながら手伝うように心がけましょう。

◇日ごろから隣近所の災害時要援護者とは積極的に交流を持ち、いざという時には遠慮なく援助を申し出てもらえるように伝えておきましょう。

◇単身生活の人へは、警戒宣言が出たことや避難の指示、周囲の状況などの詳しい情報を伝えるために、日ごろから伝達方法などを決めておくようにしましょう。

◇隣近所の人と自主防災組織が、お互いに連携した体制をつくっておき、情報の提供、日ごろの備えの協力、安否確認や避難の手助けなどができるようにしておきましょう。

◇回覧板などで、地域の人や災害時要援護者にその地域の防災対策を知らせておきましょう。

◇精神障がいがあっても、日常生活には支障のない人から、障がいの重い人まで程度は様々です。地域に住む障がいのある人の保護者や家族と隣近所のかたは、プライバシーに配慮しながら、日ごろから交流を持ち、災害時にはどのような支援が必要であるかを話し合っておきましょう。
具体的には、避難する時の援助内容や、避難所でどのような支援・協力が必要になるかなどです。


災害発生時には
 

◇災害時要援護者を見かけたら声をかけ、介助しながら安全な場所へ誘導しましょう。

◇本人の依頼があったり異常があった時は緊急連絡先を聞いて、医療機関や家族への緊急連絡の協力をしましょう。

◇聴覚障がいや音声・言語障がいのある人から援助を求められたら、相手の言葉を丁寧に聞き取るようにしましょう。もし聞き取りが困難な時は、相手にことわってから筆談をしたり、メモをとり、必要な情報の提供や援助をしましょう。

◇隣近所の災害時要援護者や、その家族へも声をかけ、孤立させないようにしましょう。

 トップページへ