本文へスキップ
文字を小さくする 文字の大きさ 文字を大きくする
背景を白にする
背景を黒にする
 トップページへ  
 戻る

聴覚障がいのある人を援助する場合

具体的な援助の方法
 

◇聴覚障がいのある人を援助する時は、口の動きで伝えることもできます。顔をまっすぐに向け、自然なリズムでゆっくりとはっきり口を動かして伝えるようにしましょう。

◇手話、筆談、身振りなどの方法で正確な情報を伝えるようにしましょう。
本人には援助する人の姿が見えないので、まずこちらからやさしく声をかけ、自分の存在を知らせましょう。

 トップページへ