本文へスキップ
文字を小さくする 文字の大きさ 文字を大きくする
背景を白にする
背景を黒にする
 トップページへ  
 戻る

車いすの介助のしかたは

具体的な介助の方法
 

◇車いすを押す時は、ハンドグリップをしっかり握り、まわりに注意してゆっくりと押します。

◇車いすから離れる時にはブレーキをかけます。

◇上り坂のときは、進行方向に前向きに、急な下り坂のときは進行方向に後ろ向きになって進みます。

◇緩やかな下り坂は、車いすを前向きにし、軽くブレーキをかけながらゆっくり降りるようにします。

◇段差を登る時は、ティッピングレバー(ステッピングバー)を踏み、ハンドグリップを押し下げて、前輪(キャスター)を段の上にのせてから、後輪を段の上に押し上げます。前輪(キャスター)をあげる時は声をかけ、上げすぎないように注意します。

◇段差を降りる時は、後ろ向きになって、まず後輪を降ろし、次に前輪を浮かせながら後ろに引き、前輪を降ろします。

◇階段では、3〜4人で運ぶのが安全です。あがる時は車いすを前向きに、降りる時は車いすを後ろ向きにするのが安全で恐怖感を与えません。いずれもブレーキをかけておきます。

◇人手がない場合は、おぶい紐などで一人で背負います。この際、両手には物を持たないようにして、両手を開けておきます。

 

 トップページへ