本文へスキップ
文字を小さくする 文字の大きさ 文字を大きくする
背景を白にする
背景を黒にする
 トップページへ  
 もんだいへもどる
答え  普通のバスより車体が低くなっていて、車いすの人が乗りやすいスロープがついているノンステップバスのイラスト

 これは、「ノンステップバス」といって、普通のバスに比べて床が低くなっています。

 歩道とバスの床の高さがほぼ同じなので、お年寄りや足の不自由な人でも、楽に乗り降りができるようになっています。

 また、車イスやベビーカーを使っている人が、そのままバスに乗れるように、入口にスロープ板が取り付けられ、ドアの幅も広くなっています。車内も段差がないので、足の不自由な人がつまずいたりすることがありません。

 バスがブレーキをかけたときでも、車イスが動かないように、車イスを固定できるようになっています。また、降りるときのお知らせボタンも、押しやすい位置にあります。

 バスや電車に乗っているときに、体の不自由な人やお年寄りの方を見かけたら、できるだけ席を譲ってあげるようにしましょう。


目次へもどる


以下は小さいお子様でも読めるように、同じ内容を全てひらがなで表記した文章です。スキップする。

 これは「ノンステップバス」といって、ふつうのバスにくらべて、ゆかがひくくなっています。

 ほどうとバスのゆかのたかさがほぼおなじなので、おとしよりやあしのふじゆうなひとでも、らくにのりおりができるようになっています。

 また、くるまイスやベビーカーをつかっているひとが、そのままバスにのれるように、いりぐちにスロープいたがとりつけられ、ドアのはばもひろくなっています。しゃないもだんさがないので、あしのふじゆうなひとが、つまずいたりすることがありません。

 バスがブレーキをかけたときでも、くるまイスがうごかないように、くるまイスをこていできるようになっています。また、おりるときのおしらせボタンも、おしやすいいちにあります。

 バスやでんしゃにのっているときに、からだのふじゆうなひとやおとしよりのかたをみかけたら、できるだけせきをゆずってあげるようにしましょう。



 もんだいへもどる
 ページのトップへもどる
 トップページへ