本文へスキップ

宮崎県ホームページバリアフリー化のための手引書

サイトマップ

チェック項目

1. ページ全体について

(e)ホームページ内で迷わない工夫をする。

初心者高齢者視覚障害者聴覚障害者肢体不自由者

ホームページはいくつものページがリンクによってつながりあっています。利用者はリンクをたどってページ間を移動し情報を探していくため、ページの移動に迷わないよう配慮する必要があります。

このため、トップページから現在のページまでの階層をページの上下などに入れておくと全体の構成がわかりやすくなり、さらにそれぞれの項目名にリンクを設定すると操作しやすくなります。

ナビゲーションや見出し、本文のレイアウトは統一性を持たせましょう。各ページばらばらのレイアウトでは利用者が操作を覚えにくく、直感的に操作できなくなります。複数の部署がそれぞれ担当のページ作成をしている場合なども、基本的な操作部分は統一するように配慮しましょう。

良い例
パンくずリストの例

童話「ヘンゼルとグレーテル」で歩いた道にパンくずを「目印」として落としていくように、利用者がたどったページを案内するリンクを「パンくずリンク」という。現在表示されているページがサイトの中のどこに位置しているのか判りやすくなる。

悪い例
色やボタンの配置がまったく異なるページの例

デザインやレイアウトに統一性がないため、別サイトに迷い込んだように錯覚する。

ページの先頭に戻る
Copyright(C) Miyazaki Prefecture 2004. All rights reserved.